大阪の結婚相談所 離婚

離婚できた時には「もう男なんてコリゴリ」と生成した気分

前の夫からDVを受け、様々な人の協力を受けてようやく離婚できたのが5年前。

29歳の頃でした。

恋愛結婚でしたが、夫のDVは結婚半年で始まり、結婚生活の3年間は、本当に地獄でした。

離婚できた時には「もう男なんてコリゴリ」と生成した気分でいっぱいでした。

再婚なんて考えていなかったのです。

しかし、離婚後3年もたてば、だんだんと独り身が辛くなります。

バツイチの30過ぎの女性だから狙われるのか、不倫を迫られたり、アバンチュールを求められたりばかりで、しっかりしたお付き合いをしようとしてくれる男性が、周りにはいません。

私は遊び相手がほしかったのではなく、一緒に楽しく年を重ねることができる相手を望んでいるのです。

そういう声掛けばかりの自分自身にも、自己嫌悪が募りました。

そういったときに、友人が結婚相談所を進めてくれました。

30を過ぎると、一般的な婚活パーティーなどに参加しても、断裁の目線に留まりにくいということで、希望を明らかにしてから紹介されるこの方式のほうが安心だというのです。

若干「恥ずかしい」「照れくさい」というのはありましたが、結婚相談所を訪ねてみました。

担当してくださった女性に、私の過去のことなどをすべてお話ししましたが、その担当者さんは「男性だって問題を抱えて離婚なさったと言う人は少なくないのですよ。

だからこそ、相手の気持ちが理解できるということだってあるでしょう?」とおっしゃってくださいました。

それに安心して、その結婚相談所に入会しました。

ひと月に2人の男性を紹介いただき、その中で、同じように離婚経験のある男性と結婚を前提に、お付き合いすることにしました。

それが今の夫です。

前の奥様とは、奥様の浮気が原因での離婚。

彼のせいではありません。

もう二度と、そういう悲しい思いはさせたくないというのが、私の気持ちです。

彼も私が前の結婚で味わった悲しみを味合わせたくはないと言ってくれています。

結婚相談所の大阪

なまけ癖と放蕩っぷりで、30歳を超えていました

今考えるとばかばかし話ですが、子供の頃からノストラダムスの大予言を信じていて、どうせ1999年に消滅するなら、頑張っても仕方ないと考えていました。

大いに遊びほうけていたのですが、何も起こらず1999年は過ぎていました。

自分のなまけ癖と放蕩っぷりだけが残ったのです。

すでに30歳を超えていました。

結婚して子供が生まれれば、1999年の最後が悲しすぎるばかりだと結婚も考えていなかったのですが、もう滅亡しないなら生きてゆくしかありません。

一人で生きてゆくのは悲しすぎます。

ようやく「結婚はそのうちしよう」という気持ちが生まれました。

しかし先ほども言ったように、放蕩癖だけが残っている私です。

婚活だって、大してがんばってはいませんでした。

両親が亡くなって、いよいよ焦りました。

母の最期に「孫の顔でも見たかった」という言葉は胸に刺さり、このままではいけないと本気で思い始めました。

とはいえ、もうすでに50歳手前。

遊ぶことはたくさんあっても、本気の恋愛すらしたことがないままです。

向上心なく来たのですから、所得も低く貯金もありません。

そんな男と結婚するという女性がいるはずもないような気がしていました。

それでも結婚願望はしっかり芽生えていましたので、結婚相談所に頼んでみました。

成婚率がすべてではないことは予想がつきますが、来るか来ないかわからない出会いを待つよりも、積極行動を起こさねばと思っていました。

月に2人ほど女性を紹介してもらい、この頼りがいのない私を気に入ってくれる人がいませんでした。

しかし自分で小料理屋をして頑張ってきた女性は違いました。

バツイチの女性でしたが、暴力を振るわず、一緒にいて気兼ねがない男性がいいとのこと。

家事がおろそかになっても許してもらえるかと暴力を振るわないことが、優先順位上位の条件だったようです。

収入や財産などはどうでもいいと。

今まで一人暮らしをしてきたのですから、今更世話を焼いてもらう必要のない私は、その人の明るい性格に好意を持ちました。

その人が今の妻です。

人を喜ばせることに関心がなかった私ですが、それも少しづつ芽生えました。

これが恋愛なのかもしれません。

大阪結婚相談所

やはり一番効率が良いかな

結婚相談所を利用した感想として、結婚を真剣に考えるのであればやはり一番効率が良いかなと感じました。
30を過ぎてから恋人もいないことに焦りを感じて婚活を始めたのですが、最初は結婚相談所を利用はしませんでした。
理由としてはお金がかかることと結婚をしたいという気持ちはあっても、さすがにいきなり結婚相談所を利用するのは少し抵抗があったためです。
そのため最初は自力で婚活をして相手を探そうとしていたのですが、これがなかなか上手く行かずに結局いい相手を見つけることはできませんでした。

その段階になってこのまま続けていても時間だけが過ぎていくだけだと思い、結婚相談所を利用してみることにしたのです。
利用をしてみると今までの婚活が間違ったやり方をしていたということがわかり、また自分にあったレベルの相手というのも客観的にわかるようになりました。
最初は自分にあったレベルの相手となると、理想と大きく違うところがありましたから受け入れなく無いという気持ちがあったのですが、それを受け入れることができないと相手が見つからないということも理解できたためレベルを落として相手探しをすることにしました。
しかし、レベルを落としてみても思ったよりも悪い相手ばかりということはなく、さすがに結婚相談所で紹介をしてもらうことができる相手だけに悪くない人が多かったのです。
そこで気が楽になってからはスムーズに婚活をすることができるようになり、当初思い描いていた人とは違いますが良い人が見つかり結婚をすることができたので良かったです。
もしも、自力で婚活を続けていればいまだに非現実的な相手を探し求めて結婚をすることができなかったでしょうから、結婚相談所を利用したのは正解だったと思います。
実際に利用をするとなるとなかなか勇気のいることだとは思いますが、本気で結婚を考えているのであれば一番確実な方法なので悩んでいるよりも思い切って利用するのが吉ですね。